ページ

2011/01/05

お正月食べ過ぎたひと、飲み過ぎたひと

はい、それは私(笑)

正月の間、ろくに動かずにお節やご馳走を食べ続けたツケで
体調、特に胃腸・肝臓の調子がいまひとつです。

食べ過ぎ・飲み過ぎで肝臓や胃腸に負担をかけ過ぎたので
しばらく胃と肝臓をサポートするハーブをブレンドしたお茶を飲んで
体調を整えようと思います。


お疲れの胃や肝臓をサポートする苦〜いブレンド

さて、疲れた私の消化器のために今回選んだハーブはこれ。

手前左から、アーティチョーク、ダンディライオンルート、クミスクチン、ホーステール(スギナ)、ペパーミント。

そのこころは、苦味の強い健胃・強肝ハーブで弱った消化器を労り、余分なものを早く身体の外にだすように排泄を促し、爽やかな香りで苦味をくるんで飲んでしまえというブレンドです(笑)

メインとなる健胃・強肝のハーブは、アーティチョークとダンディライオンルート。健胃・強肝他にコレステロールの吸収を抑制するという夢のような働きもあります。ただし、ダンディライオンはまだしもアーティチョークはかなり苦味が強い、飲むのに覚悟が必要なハーブ(笑)

そして、クミスクチンとホーステールは利尿のハーブ。水分過多(むくみ)をなんとかしようという訳です。
ペパーミントは爽やかな香りで苦味を緩和するだけではなく、消化機能の促進にも(笑)

お茶代わりにこのブレンドのハーブティーをしばらく飲んで体調を整えます。
いかがですか?

注意:
ダンディライオンルートは胆道閉塞・胆嚢炎・腸閉塞の場合は禁忌。また、ホーステール(スギナ)は心臓や腎臓の機能に不安のある場合禁忌。必ずお医者さまの指示を仰ぎ、したがってください。

2 件のコメント:

  1. じゃみぽん2011年1月8日 11:33

    私も仲間(苦笑)
    お正月が終わり、玄米ご飯に戻して少しづつ戻ってきたカモ。
    このハーブの組み合わせ飲んでみたい。
    パパも暴飲暴食なので飲ませたいなー。
    むくみも取れない(おデブななだけ?)の。

    返信削除
  2. お正月はどうしても、右肩上がり(笑)
    それに、お節はどうしても野菜よりもお肉やお魚系が多いから。
    ハーブは飲んですぐどうこうなるものじゃないけど
    じんわりと調子を整えてくれるので良いと思います。
    パパさんは暴飲暴食なの?
    では、お茶の変わりに(笑)

    返信削除