ページ

2011/07/17

梅 其の三

今年の梅仕事のメインイベント。
赤紫蘇漬を仕込みました。

先々週の木曜日に届いた梅を塩漬けにして
梅酢が好い塩梅にあがってくるのを毎日見張りながらじっと待つ。

今年は、黄色に色づいた梅がつぶれないように
いつもより軽めの
梅と同じ重量の重しにしてみたので

なあんと、2週間もかかってしまいました。


でもおかげで好い感じの白漬ができあがりました。


梅の香りがいい匂い。これも梅仕事が楽しい理由。

梅の香りを楽しみながら
白梅酢と白漬を分けておいて赤梅酢の準備をします。

塩漬けにして冷蔵庫で保管しておいた赤紫蘇に
白梅酢を振り入れて
紫蘇の葉を破らないように軽く揉むと…



ほら

こんな鮮やかな紅色に発色します。

いつものことですが
この赤梅酢の色がきれいにでるとほっとします。







塩漬けの梅の上に紫蘇の葉を広げるようにのせて
交互にまんべんなく重ねます。

この仕事を丁寧にするのが
まんべん赤く色づいたきれいな梅干しを作るコツ。

全部を甕に戻し、赤梅酢も入れたら
押し蓋と重しをのせて涼しい場所で土用を待ちます。


土用あたりの三日間
どうか、ピーカンのお天気でありますように。







2 件のコメント:

  1. じゃすみん2011年7月23日 10:18

    美味しそう~^^

    我が家のぶんもお願いします(苦笑)

    いつも思うけどマメだし、お料理上手よね・・・。

    返信削除
  2. 美味しそうでしょ(笑)

    いつも1cmくらいのペッタンコになってしまうので
    重しの重さを変えてみました。
    ペッタンコでも大勢に影響はないけれど気分的に梅が可哀想な気がして…
    梅酢が上がるのに時間がかかっちゃいました。

    簡単な方法で作るので
    梅干しは慣れてしまえばそんなに手間ではないですよ。
    こんど紹介しますね。

    返信削除