ページ

2011/08/08

マイナスイオンと森の里へ

週末、久しぶりに遠出をしました。

向かった先は、奈良県吉野郡天川村

新大阪から車で約3時間と少し。
曲がりくねった長い山道といくつもの長いトンネルを抜けた先の
高い山と深い森に囲まれた小さな里です。

聞こえるのは渓流のせせらぎと、蝉の声、虫の音、そして木々のざわめき。

真夏の強い陽射しにも関わらず
空気は水をたっぷり含んで清々しく、自然の精気が充ち満ちて
潤います。

着いて少し経った頃
晴れた空に急に雲が沸立ち、大粒の強い雨が落ちてきました。

すると…、村の周囲の山々からまたたくまに靄がたちのぼり
山や里を包み込み

辺り一面がマイナスイオンに満たされました。


森から立上る靄が、空に到達して雲になる
幻想的な光景。

神話の世界に迷い込んだようです。



0 件のコメント:

コメントを投稿