ページ

2011/09/13

禅語

『禅語 zengo』
石井ゆかり/パイ・インターナショナル

禅語とは
禅師が修行僧に公案を問いかけ、それに答えるという禅問答が大半を占め
禅寺や茶室にかかる仏教や漢詩の一節で、禅の心や悟りの境地を表したものだそうです。

その禅語から『筋トレ』の石井ゆかりさんが書き起こしたエッセイ。

茶道も禅も知らない私というひとりの人間が仏教の言葉にでくわした時
いったいどんなことを考えたのか、というのがこの本の中身である。
…中略
あまたある仏教の書、禅語の本は、僧侶や研究者が記した「教え」だが、
この本はそうではない。
私は教える側ではなく、教わる側、考える側としてこの本を書いた。

と前書きに書かれていますが

石井ゆかりさんが「こういうことかな?」と想像した
禅語の短い一節に表された意味が

「ああ、分かる分かる」というシンパシーと共にストーンと
心の深い所に落ちていきます。

含意に包まれた禅語の教えが、日常のシーンに結びつき
禅語の世界に親しみと取付きやすさを感じさせてくれます。

さすが…

この本は頭から読むのではなく、なんとなく手元において
開いたページを何気なく読むというスタイルが似あっている。

だから、そんな読み方をしています。

きょう開いたページの禅語

“好雪 片々不落別処”
降りしきる雪をテーマにした悟りの世界を
石井さん独特の語りがひも解きます。

私たちはたぶん、雪のひとひらひとひらのように
自分の重みと風の流れに沿って、
自然にあるべきところにたどりつおているのではないだろうか。
先日のインディアンにも通じますね。

「すべては正しい時に正しい場所で起こる」

重心をかけるところがぶれなければ、きっと行くべきところに行きつくと。
そんな感じでしょうか。











2 件のコメント:

  1. 昨日今日はお疲れ様でした!
    いもりのお話と〜っても楽しかったです。♪
    また来週よろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。

    返信削除
  2. こちらこそ、いろいろ教えていただいてありがとうございます♫
    本当に、楽しいワークショップでした。

    また、来週も、よろしくお願いいたします。
    今夜もいつものお食事どころにご来店でした、イモリのお兄ちゃん(笑)

    返信削除