ページ

2011/01/31

野菜が主役

土曜日は惣菜の日(笑)
朝からキッチンに引きこもって惣菜を作りました。

なるべく野菜を中心にメニューを組み立てるようにしています。

一日の食事のうち朝食以外はどうしても外食になります。
するとどうしても、野菜の比重が少ないように感じるのです。
外で食べる食事は
メインのおかずのお肉や魚に添え物のように野菜というような感じ。

おかずに対して野菜の割合は3:1くらいでしょうか。
なるべく野菜の多いものを選んでも野菜は不足しがち。

なので、その不足を朝食で補おうと思っています。
そんな訳で、今週も野菜の惣菜をどっさり作りました(笑)

壬生菜のおかか炒め
ヒジキの煮物

蓮根の木耳の煮物

じゃがいもとショウガ炒め





















野菜のラインナップとコンニャクや車麩やお豆の惣菜。
今週は全部で7品。がんばりました(笑)
コンニャクと切り昆布の甘辛煮
車麩の含め煮

黒豆















2011/01/29

寒いので本日は生姜の日

今年はいつもよりも2〜3度低いと天気予報が言っています。
日中、太陽が照っている時は
さほど感じませんが、日が暮れると途端に冷え込みますね。

あまりに寒いのできょうは生姜の日と決めました。

炙った鶏肉と大根・かぶ・えびいも・焼葱の鍋



生姜を効かせた鶏ガラスープで
炙った鶏肉と根菜を焚いた鍋で
内側から身体を温めて






月桃・日向夏・柚子でバスソルト

生姜の精油のバスソルトで入浴して
外側からもぽかぽかになる(笑)

ただし、精油は
同じショウガ科の月桃を使いました。
月桃の香りは五味(酸・苦・甘・辛・鹹)の全てが混じったような、いろいろな表情を見せる複雑なおもしろい香りです。
その月桃に、日向夏(土佐小夏)、柚子をブレンド。
スパイシーで気持ちが浮き立つような温かみのある香りができ上がりました。



おかげで寒さを忘れ、ぽかぽかしたまま熟睡できそうです(笑)

2011/01/26

神楽坂で

おとなのスタンプラリー(^∇^)

こうしている間にも、結構スタンプを押す人が。
楽しいかも…参加しよう。
東西線 神楽坂駅

追記:
近代文学の巨匠 夏目漱石篇のスタンプラリーは2月28日まで。
東西線、半蔵門線、南北線、千代田線、丸ノ内線、副都心線沿線の
漱石ゆかりの場所や作品に登場する場所で9個スタンプを集めるんですね。
全部集めて応募すると特製の賞品が当たるみたいです。

スタンプを置いてあるのは
早稲田、神楽坂、神保町、淡路町、雑司が谷、東大前、西日暮里、千駄木。
普段なかなか降りる機会の無い場所もあって楽しそう。

合間に時間を作ってまわってみます(笑)
神楽坂では2個のスタンプを集めるのですが
ひとつ集め損ねました。また、行かねば(笑)

木鈴

新宿紀伊國屋書店8階にあるオークヴィレッジに
YUICAの精油を買いに行った時、ちょっと素敵なものを見つけました。

滴の形をした木の鈴。

ひとつひとつ、職人さんが
木目を活かし削り出し
作っているそうです。

中の音を立てるものも木製。

全てが木で作られた鈴。

MOKURIN

日本の森に成育する
昔から
なじみ深い樹木12種類。

桜(さくら)、朴(ほお)
欅(けやき)、楢(なら)、檜(ひのき)、青梻(あおだも)、胡桃(くるみ)
一位(いちい)、槐(えんじゅ)、栃(とち)、楓(かえで)、樺(かば)。

木の種類によって、木肌の色味、木目がひとつひとつ違いますし
また、それぞれの木によって、鳴り方も微妙に違います。

それに、木鈴の水分が抜けてくると
木鈴の立てる音も、少しずつ高く変わってくるそうです。
これは楽しみ(笑)

2011/01/23

惣菜の色

土曜日は料理の日(笑)
いつものように朝食を済ませてから、常備菜を作りました。

前日の寝る前に乾物は準備(水に浸けたりお湯に浸けたりして戻しておきます)
作り始める前に、冷蔵庫の野菜室などをのぞいて
どれとどれを組み合わせて何を作るかを決めていきます。
結構アバウト。途中で、組み合わせの変更もあり(笑)

ですが、いつも意識するのは素材の色。

野菜の色、色素は見た目にも食欲をそそりますが
色素成分はさまざまな機能を持っています。
ニンジンの赤というかオレンジ色のカロテンは
抗酸化作用や皮膚・粘膜の保護。
ブロッコリーやほうれん草の緑色のクロロフィルは
血液の浄化や体質改善など。
植物色素ではないですが
海藻などに含まれる多糖類は
コレステロールの吸収抑制や調整作用もあります。

できるだけ沢山の色の食材を使うということを
なるべく心がけるようにしています。

そうしてでき上がった今週の常備菜(笑)

ヒジキの炒め煮
黒いヒジキ・赤いニンジン・
緑のブロッコリー・白いシイタケ
高野豆腐と野菜の煮物
黒いキクラゲ・赤いニンジン・
緑のルッコラ・白いダイコン










ハスのおかか煮
白いハス・黒いコンブ















野菜メインのお惣菜にいつもの定番車麩と飛竜頭を追加。

車麩の含め煮
飛竜頭の煮物












今週は残念ながら、お豆は無し。

2011/01/18

続・花粉の季節

先日、花粉症のハーブティについて書きましたが
症状が出てしまったら、あれを飲んでもすぐスッキリと言う訳にはいきません。

ハーブティの場合は、花粉症の症状が出る前に飲み始めて
症状が出ないように予防するというのが得意。
私は、12月に入ったらすぐに飲み始めます。

花粉症の辛い症状が出たら、それを緩和するくらいで
お薬のように完全に抑えるということは不得意です。

まだそんなでもないけれど、そろそろ危ないかもという時期に突入したら
ハーブティよりもネトルの濃縮エキスの方がよいかもしれません。
ローズの芳香蒸留水とネトルの濃縮エキス
イラクサの濃縮エキスは、ドイツのシェーネンベルガー社のもの。
自然農法で栽培されたネトルを収穫後すぐに圧搾して
本来の有効成分を損なわないように抽出した無添加の100%濃縮エキスです。

そのままではちょっと苦手な味ですが
出そうだなというタイミングで続けているとセーフという感じです(笑)

もうひとつはローズの芳香蒸留水。
先日教えていただいたこれの使い方は
目がかゆくなった時に、この芳香蒸留水で洗眼するという贅沢な方法。
本格的シーズンが到来したら、ぜひ試してみようと思います。

2011/01/16

花粉の季節

そろそろ花粉が飛んでいるようですね。私の周りでも
目の痒みや鼻のむずむずを感じるひとが増えています。

私も実は花粉症。20代の半ばに発症してかれこれ……。
でもここ数年は、あまりに症状がひどい時を除いて
薬を飲まずに、ほぼハーブで乗り切れるようになりました。
手前左から、エルダーフラワー、ネトル。
奥左から、ペパーミント、ダンディライオンルート。
私の花粉症対策は主にハーブティー。
花粉の飛散が始る数カ月前から飲み始めます。

花粉症のケアというとネトル。
浄血ハーブと言われ
昔から花粉症やリウマチなどのアレルギーに使われています。

私はそのネトルに
やはり浄血と強肝・利胆によいと言われるダンディライオンルート
同じく強肝・利胆のアーティチョーク
さらに、排泄強化のために
腎臓によいとされるクミスクチン(ジャヴァティー)
ケイ素を豊富に含むスギナ
メントールの香りのペパーミントをプラスした
オリジナルブレンドのハーブティーを飲んでいます。

このブレンド、メディカルハーブの友人たちからは
てんこ盛りだね(笑)と言われてます。
でも、数年いろいろなブレンドを試して完成した
わたしにとっては最強ブレンドです。
おかげさまで、このブレンドが完成してからは
花粉の季節もさほど気にならなくなりました。

ことしは花粉の当たり年といわれていますね。
このブレンドを基本に
鼻がむずむずする時はエルダーフラワーをプラスしたり工夫して
あまり薬に頼らずに済むよう
なんとか乗り切りたいと思っています。

野菜と乾物

本日は惣菜の日(笑)
毎週土曜日の惣菜作りはすでに恒例化しています。

本日は5品。豆は、先週紫花豆を大量に煮過ぎたので本日は無し。
ちょっと寂しい(笑)

蕪葉・木耳・じゃこの炒り煮
こんにゃくと切り昆布の土佐煮

ひじきの煮物

高野豆腐と冬菇の煮物

車麩の含め煮































前日に冷蔵庫にある野菜を確認し
何と何を組み合わせてどんなものを作るかおおまかに決めます。
そして、ストックの乾物を準備。
準備といっても、水で戻すという簡単な準備。

乾物は何種類かストックしておくと本当に便利。
単に保存が利くというだけではなく
味や食感のバリエーションを付けるためには欠かせない存在。

スーパーなどに行くと
乾物のコーナーに足止めされてしまうことも多いです(笑)

旅行に行くと、その土地独特の乾物などに目がついて
ついつい買い過ぎ。でも楽しい。

2011/01/13

にっぽんの精油—日向夏

本日は“健康のこと研究所...midi”
『にっぽんの精油』に参加してきました。
いや、楽しかった(笑)木田先生ありがとうございます。

本日のテーマはミカン科の精油。柚子、日向夏、山椒です。
意外ですが山椒はミカン科サンショウ属。
サンショウの精油は、鼻を近づけなくともわかるくらい
山椒らしい強い香りですが、その強い香りの奥にちゃんと柑橘系らしい
爽やかな香りが潜んでいます(笑)これは発見。

『にっぽんの精油』では精油の香りのイメージワークをします。
精油の香りから、その香りに誘導されたイメージを
参加者全員でシェアしあうというワークです。

柚子も山椒もそれぞれに興味深かったのですが
私にとっての本日のツボは日向夏でした。
中央が日向夏(別名土佐小夏)

大好きな日向夏。
私のイメージは禿にした小さな女の子が
わらわら沢山、キャラキャラと遊んでいるイメージ。
自然と笑みがでるような明るい生命力のあるイメージ。

参加した皆さんのイメージも若さや太陽といったもの。

この日向夏を何と合わせたら良いか?あがったのは
グランディングのしっかりした北海道モミや檜
日向夏に似たエネルギーの高い杉の葉などいろいろ。
で、実際にやってみました。


北海道モミと日向夏はとてもバランスがとれた組み合わせ(笑)
予想通り。

意外だったのは杉の葉と日向夏。
以前のイメージワークで
杉の葉の精油は元気いっぱいの男の子のイメージが強く
「ちょっとうるさいかも〜」という感じがしていたのですが
これが、なんと、とてもいい!
素直に元気になります。前途洋々という感じ(笑)
違った精油の組み合わせにはこんな効果もあるんですね。

ところで、昨年の11月にblogをオープンして
12月からまじめに始め、約ひと月ちょっと
気がついたらページビューが1000を越していました。
こんなに早く1000を越すなんて思っても見なかったので(遅い?)
ちょっとビックリ、そして見てくださった方々に感謝です。

で、せっかく2011年ですし、一月ですし
1111のぞろ目で見てくださった方に
日向夏・北海道モミ・杉の葉3点セットを
楽しんでいただこうかなと思います。

1111のスクリーンショットを添付してメールを送ってくださいませ。

2011/01/12

正しい洗顔は泡が大切

正しい洗顔。

ふわふわの泡を立てて
丁寧にやさしく、泡を転がすようにくるくる洗う。
女子の常識ですね(笑)

ホイップクリームのようなマシュマロのような、でも腰のある泡が大切

しかし、忙しい時、気持ちが急いている時
ついつい泡立てもそこそこに
ガシガシと洗ってしまう、なんてこともありますね。
だってね、しっかりした泡を十分に立てるって
泡立てネットを使っても結構大変。

でもね、いまは違います。
いい加減な洗顔を変えたのは
12月11日にもちょっと登場していますが
“Handmade soap Rucy” の石鹸です。

最初にRucyの石鹸を使った時
「こんなに泡を立てるのが楽しい石鹸あるのね〜♫」と思いました(笑)

なんて言ったら良いのか
しっかりと腰のある、弾力のある泡が
もりもりとおもしろいように立って
その泡は、おいそれとは消えない力強い泡。
くるくると転がすたびに弾力が伝わる泡。

石鹸ぽくない説明ですが、まさにそんな感じ。

たとえば、私の好きな石鹸 “Noble” の説明
“女王様が納得してくれただけあって、その泡は上等なクリームのよう。
オリーブオイルのようにねっとりした感じではなく
きめが細かくて、手の中で泡立てていくうちにどんどん濃くなっていきます。”

ね、Rucyの石鹸は泡に対して並々ならぬこだわりが詰まっているのです(笑)

Handmade soap Rucy Web shop

注:Handmade soap Rucyの石鹸はお台所用です。洗顔は自己責任に基づいておこなっています(笑)ご承知くださいね。

2011/01/11

風邪をひきました

先週の金曜日の日帰り出張。帰り道、なんか変だと感じていたのですが
一晩寝たら見事に風邪をひいていました(涙)

喉がいがらっぽく、微熱、咳。たぶん風邪、完全に風邪…

いつもなら、ここでどっと熱が出るのですが、今回はなぜか微熱。
そのまま二日経ってもズルズルと熱は上がらず
体調は↘の状態が続き、長引きそうな様相。
どうやら、頼りの免疫くんが不完全燃焼?

こんな時は不調な免疫くんがちゃんと働くようにサポートが必要です。

その1 ハーブ
身体を温めて体温を上げるフラボノイドが豊富なリンデン、エルダーフラワー、オレンジフラワー、メリッサでミルクティーを入れて、その中に免疫を賦活するエキナセアのチンキ剤を3滴落として、胃を温めるようにゆっくりと飲みます。

その2 バッチフラワーレメディ
内にこもって表に出てこない熱を外に出すこと、そして不必要な熱をリリースすることを考えて、クラブアップルとアグリモニーを飲みました。

その3 芳香浴
アロマディフューザーに北海道モミ、翌檜、高知柚子を入れて
保湿ともに殺菌です。

その4 湯たんぽ
これは祖母からの伝統療法(笑)

これだけのケアをして、布団に潜り込んでいると
じわじわっと熱が上がってくる感触。
よしよし好い感じ。と、そのままぐっすり数時間熟睡。
目が覚めたら、大量の汗をかいて、身体がすっきりしていました。

完全復調ではありませんが
微熱は微熱でも、あのいやなこもった熱ではなく
明らかに回復に向かう兆候(笑)

これがインフルエンザだったら、もちろんこうはいきませんが。
お正月の疲れや、暴飲暴食のよいデトックスになったようです。

あと少し休めば完全に復調(笑)

2011/01/08

お惣菜、作り始め

今日は朝食の仕度と同時進行でお惣菜の作り置き。
なぜなら、何にもおかずになるものが無かったから(笑)

お正月のお節では、どうにも野菜が不足。身体が野菜を欲しています。
冷蔵庫にあった根菜と三つ葉と常備している乾物で
メニューを決定(笑)本日の主役は大根とにんじんと牛蒡です。

高野豆腐・木耳・大根・三つ葉の炒め煮
にんじん・牛蒡・椎茸のきんぴら










紫花豆の煮物



それにいつもの
こんにゃくと切り昆布のおかかまぶし
車麩の含め煮
そして紫花豆の煮物。

本日の惣菜は5品。




お正月のお煮しめに使わなかったえびいもや蓮根。
これも、何かに作っておくと心に余裕が…。

野菜を前にあれこれ考えるのって、結構楽しい時間です。


2011/01/05

お正月食べ過ぎたひと、飲み過ぎたひと

はい、それは私(笑)

正月の間、ろくに動かずにお節やご馳走を食べ続けたツケで
体調、特に胃腸・肝臓の調子がいまひとつです。

食べ過ぎ・飲み過ぎで肝臓や胃腸に負担をかけ過ぎたので
しばらく胃と肝臓をサポートするハーブをブレンドしたお茶を飲んで
体調を整えようと思います。


お疲れの胃や肝臓をサポートする苦〜いブレンド

さて、疲れた私の消化器のために今回選んだハーブはこれ。

手前左から、アーティチョーク、ダンディライオンルート、クミスクチン、ホーステール(スギナ)、ペパーミント。

そのこころは、苦味の強い健胃・強肝ハーブで弱った消化器を労り、余分なものを早く身体の外にだすように排泄を促し、爽やかな香りで苦味をくるんで飲んでしまえというブレンドです(笑)

メインとなる健胃・強肝のハーブは、アーティチョークとダンディライオンルート。健胃・強肝他にコレステロールの吸収を抑制するという夢のような働きもあります。ただし、ダンディライオンはまだしもアーティチョークはかなり苦味が強い、飲むのに覚悟が必要なハーブ(笑)

そして、クミスクチンとホーステールは利尿のハーブ。水分過多(むくみ)をなんとかしようという訳です。
ペパーミントは爽やかな香りで苦味を緩和するだけではなく、消化機能の促進にも(笑)

お茶代わりにこのブレンドのハーブティーをしばらく飲んで体調を整えます。
いかがですか?

注意:
ダンディライオンルートは胆道閉塞・胆嚢炎・腸閉塞の場合は禁忌。また、ホーステール(スギナ)は心臓や腎臓の機能に不安のある場合禁忌。必ずお医者さまの指示を仰ぎ、したがってください。

2011/01/03

日本の森から

お正月の間に読んだ本。「日本の森から生まれたアロマ」

私がよく使用するYUICAの創設者であり
オークヴィレッジの代表でもある
稲本正さんの著作です。

和精油の成分についてとても詳しく書かれていて
資料としてとても役に立つなと思いながら読み始めたのですが、それ以外の部分がおもしろくてあっという間に読み終えました。

稲本さんが、日本の森発の精油を作ろうと考えた出発点。
精油を作るための試行錯誤や失敗、そして発想の転換。今後の展望について。
森と共存しながら、日本の木の文化を育てていく姿勢に共感します。

2011/01/02

柚子、黒文字、匂辛夷、翌檜

元旦の初風呂のために選んだ香りです。
新年にふさわしい、香りをあれこれ考えた末のベストメンバー(笑)


元日の太陽をイメージした柚子。
独特の香気を持つ日本の柑橘、古事記に記されている
非時香果(ときじくのかぐのこのみ)、本当は橙ですけれど
私には柚子の方がピンとくる感じです。

そして、やっぱり黒文字(笑)
心のガードを解いて安心感で包んでくれる香り。
静かにエネルギーを送り込んで前に押し出してくれる香り。
本当に大好きな精油です。

匂辛夷(においこぶし)。
レモングラスに似た柑橘系の香りですが
もっと複雑な、あいまいさや奥の深さや多様さを秘めた香りです。
この精油を初めて匂った時、女性を感じました。
それもすべてを包括する女性像です。少女、乙女、母、老女…
黒文字と合わせるととてもバランスが良い。

翌檜(あすなろ)はとても潔の良い香り。
清浄で清潔で純粋。思わず、襟を正すというか、自分の姿勢が気になる香りです。
新年の始めにふさわしく(笑)

この4種類の精油と海塩を入れた器と一緒にバスタブに。
4つの香りが渾然一体となって立上り
それは何とも言えない心にしみる好い香りです。

しばらくそのまま浸かっていると、香りとシンクロして
からだの芯が温まり、これから始る1年のエネルギーがチャージされるような
でもそれは、ゴゴゴゴゴゴというような熱いものではなく
静かに静かに満ちていくという感じ。

思いかけず、禊のような、新年の風呂始めでした(笑)
この組み合わせぜひお試しください。

そういえば、御神籤

初詣の時、必ず御神籤をひきます。
ことしもちゃんとひきました。
そして、初詣の御神籤は吉でも凶でも必ず持ち帰ります。



凶ならば、凶運を落とすために、結びつけて置いてきなさいとも言われますが、御神籤に書かれているご託宣(?)、いつも何となく腑に落ちる感じがして持ち帰って、一年の間、手帳に入れて何かの折りに読んでいます。

読み返すのは、本当に極々偶な事ですけれど(笑)



今年も、昨年の御神籤をお返しして、新しい御神籤をいただきました。
凶ではなく、大吉でもなく、ほどほどのところ(笑)
そしてなかなか素敵なご託宣でした。

2011/01/01

初詣

明けましておめでとうございます。

夜明け前に起きて
鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣に行ってきました。

家を出る時、東の空には細い三日月と明けの明星が
冷え込んだ空気の中で輝いていました。
駅までの道、誰にも会わず、駅も電車も、とても静か。
途中、空が明るくなって、車窓から初日の出を見ました。


7時過ぎに鎌倉着。
段葛を歩いて、朝陽の中、鳥居をくぐり、手水を使い
大石段を上がり本宮に参詣。
この時間は、ゆっくり参拝ができます。

昨年倒れてしまった大銀杏、12月の頭に会いに行った時には
黄色く色づいた葉っぱがいっぱいについていましたが
いまはすっかり落葉して寒そう。
でも、枝にはびっしりと芽がついていました。
がんばっているね。

のんびりと境内を歩き、お札をいただいて帰途に。
好い元日になりました。

今年はハーブやアロマやボディワークをもう少し深く学びながら
同時に、いままで身に付けてきたことを外に出して行こうと思っています。
どんな風にそれを形にするか。わくわくしながら考えています。

本年もよろしくお願いいたします。