ページ

2012/04/19

橋流水不流

橋は流れて水は流れず

石井ゆかりさんの『禅語 zengo』をひたいたページにあった一節。

元の出典。
“空手把鋤頭 歩行騎水牛 人従橋上過 橋流水不流” 
空手にして鋤頭を把り、歩行して水牛に騎る
人橋上より過ぎれば、橋は流れて水は流れず

意識をすると難しい。
でも、散歩の時に、頭を空っぽにして
ひたすらまわりの景色に同調していると
歩いていることさえ忘れてしまう…

「あれ、いつの間に」という瞬間に気がつく時があります。

無心は、遠いようでいて、案外近い。


春の散歩で思ったこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿