ページ

2012/04/23

幻の桜



いつも散歩に行く里山。
そこの畑の菜の花の丈がずいぶん伸びてきました。
先日までは、兆しのように春を感じていたのに早いものです。

昨日、里山の木立を歩いていたら
突然桜の花びらが地一面に広がっている光景に出会いました。

どこから来た花びらなのか…

見上げると新緑の若葉を透かして
名残の桜の花が、ひらひらと
一枚、二枚と花びらを散らしていて

咲き誇っていた時は
その下を歩いていても気がつかなかった

幻のような桜。

一面の桜色の絨毯に
名残を惜しむようにくるくると
ただよいながら落ちる花びら

美しい風景でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿