ページ

2012/03/29

ブラザー・カドフェル

Brother Cadfael's Herb Garden
- An Illustrated Companion to Medieval Plants and their Uses -

故エリス・ピーターズ女史の歴史ミステリー
『修道士カドフェル』シリーズに登場するハーブを網羅したマニアックな本。

An Illustrated Companion to Medieval Plants and their Uses

とあるとおり、物語に登場するハーブや薬草を網羅した
12世紀前半中世の使用方法
治療や手当て・料理・家事など生活全般に及ぶ解説です。

辞書と参考書とインターネットにおおいにお世話になりながら
こつこつとのろのろと読んでいます。

わたしにとってはとても高いハードルですが
その向こうに広がるのは
前庭や裏庭、生け垣や木立、道端や森の豊かな恵み。
手の届くところにある自然から必要なものをみつけて
必要な時にそこから必要な分をとってきて使う
季節と自然とともにある生活。

なんてすばらしい♡ そんなところに住みたい♡


ところで元々のミステリー小説 修道士カドフェルシリーズ

カドフェルは元十字軍兵士という
得意な経歴をもった修道士として描かれています。

16歳で十字軍参加の呼びかけに応え
故郷を飛びだし初老に達するまで
東方の戦地を巡って兵士や船長として波乱に満ちた経験を送り
そして一転
誓願を立て祈りと禁欲の静かな生活に入る人物です。

修道院では日々の大部分を薬草園で過ごし
東方で集めた薬草の栽培、収穫した薬草の製剤
修道院や施療院での治療に費やしています。

そして、時折起こる事件を
修道士らしからぬ大胆さで解決に導きます。
キャリアは捨てても
ふたつの異なる人生がカドフェルの中では見事に統合されている。

そのカドフェルの人間性がこのシリーズの魅力です。

作者のエリス・ピーターズ女史は1913年生まれ。
残念ながら、1995年に八十二歳で無くなりました。

二十歳の時から二十七歳まで科学者の助手、そして薬剤師として働き
二十三歳の時に歴史小説を発表して小説家としてデビュー。
第二次大戦では海軍婦人部隊の一員として従軍
というアクティブな経歴の持ち主です。
この経歴から見るかぎり
ブラザー・カドフェルは女史の
経験から肉付けされたキャラクターと思われます。


2012/03/06

花粉症のためのブレンドハーブ

前回の更新から時間空き過ぎヾ(;´▽`A``反省。

前回の「そろそろ…花粉の備え」に登場した
花粉症のマイガーディアンブレンド。

ジャン!

こんな感じのハーブミックスです。
地味で、苦そうな感じ…、実際、苦いです(笑)

基本のブレンド
  • ネトル(Urtica dioica)ひとつまみ
  • ダンディライオンルート(Taraxacum officinalis)テーブルスプーン1杯
  • アーティチョーク(Cynara scolymus)ひとつまみ
  • ホーステール(Equisetum arvense)ひとつまみ
  • クミスクチン(Orthosiphon spicatus)ひとつまみ
  • そしてペパーミント(Mentha piperita)テーブルスプーン1杯

ネトル、和名は西洋イラクサ。
量は少ないですが、このハーブがこのブレンドの主役。
アンデルセンの童話「白鳥の王子」に登場する
エリサ姫が呪いを解くために編み上げる上着の材料となった棘のあるハーブ。
イラクサは昔から浄血と造血のハーブといわれ体質の改善などに用いられています。
意味深ですね。

ダンディライオンとアーティチョークは解毒器官肝臓のサポート。

ホーステールとクミスクチンは利尿ハーブ。

ペパーミントは苦さを緩和して飲みやすくするため。

ブレンドのテーマは浄血して、解毒して、排出する。そしてちょっと美味しく、文字通り(笑)

今年はさほどでもなさそうですが
3月に入ると、花粉も本格的に飛び交い始めます。

のどの違和感や鼻にあぶない兆候を感じた時には
基本のブレンドに甘い香りと味のエルダーフラワーをプラスします。
エルダーフラワーはくしゃみ・鼻水などを和らげる抗カタル作用のハーブ。


朝起きた時のお天気の感じや、体調や身体の感覚に合わせて
ちょっとずつブレンドを変えたり、別なものを加えたりそんな調整をします。

一日分のハーブティーはだいたい500mL〜600mL。
ハーブミックスに沸騰したての熱湯を注ぎ5分〜10分
たっぷり時間をかけて抽出します。
時間をかけるのは
ダンディライオンの根、クミスクチンの茎など固い部分が入っているため。
十分に成分がでるように。

おかげさまで、今年も大丈夫そう。

*************************************************************************************
ハーブのケアは、お薬の治療とは違うので誰にでも効果があるとは言えません。
治療を受けるべき時はちゃんと治療をし、その補完として使っていくということが大切です。
お医者さまの治療を受けている場合には
ご相談して、問題がないことを確認してから使用するようにしてください。

☆注意☆ メディカルハーブ安全性ハンドブックより
ダンディライオンは胆道閉鎖・胆嚢炎・腸閉塞の場合使用してはいけないハーブです。
ホーステール(スギナ)は心臓・腎臓に問題がある場合には使用してはいけないハーブです。